透析療法導入基準(急性腎障害)

2017年7月16日

キッド
透析療法には透析導入基準があるって話しをしたけど今回は急性腎障害の場合についてを紹介するよ。

リーナ
急性腎障害は元に戻る可能性があるんだよね。

キッド
うん、だけど早く原因を取り除かないと慢性腎臓病に移行していっちゃうから。

リーナ
急がないといけないね。

キッド
そうなんだ、この場合透析して治るんじゃなくて透析をしている間に原因を取り除かないといけないんだ

リーナ
じゃあ早く!
いくよーーーー!!

キッド
どこにだよ・・・

 

 

スポンサーリンク

透析療法導入基準(急性腎障害)

 

1.乏尿が3日以上続く
2.血液尿素窒素(BUN)が60mg/dlで、
1日あたり10mg/dl前後上昇する
3.血清クレアチニン値(Cr)が5mg/dl以上で、
1日あたり1mg/dl上昇する
4.重炭酸イオン(HCO3⁻)が15mEq/L以下に低下
(代謝性アシドーシス)
5.尿毒症の症状が出現する
(出血傾向、肺水腫、中枢神経症状、消化器症状など)
6.血清カリウム値(K)が6.0mEq/L以上で薬物療法で改善しない
(高カリウム血症)

 

これらに1つでも該当すると血液透析療法を検討する。

スポンサーリンク

特に肺水腫、高カリウム血症、代謝性アシドーシスは致命的なので早急な治療が必要となります。


スポンサーリンク