人工血管内シャント(AVG)手術 part3

2017年11月18日

 

キッド
前回はAVG手術の時の主な麻酔法と使用血管について話しをしたよね。

リーナ
うん、全身麻酔ですることが多いんだよね。

キッド
うん。

リーナ
上腕の動脈と静脈を使うんだね。

キッド
血管の選択は重要だからね。

リーナ
完璧だー!

キッド
自分で言うか・・・

 

スポンサーリンク

人工血管内シャント(AVG)手術 part3

スポンサーリンク

 

キッド
使用する血管を確保出来たら人工血管が通る道を皮膚の下に作っていくよ。

リーナ
えー。
皮膚の下にー?
痛そう・・・

キッド
麻酔が効いてるから大丈夫だよ。
だけど皮膚の下に通り道を作るときに何カ所か傷が出来るよ。

リーナ
わかってはいても痛そうだよー。
ギニアワームみたいなんじゃないの?言い表せないくらい痛いみたいだよ。

キッド
そ、それはメジナ虫症って原因の寄生虫だろ。
気持ち悪いからやめて・・・

キッド
皮下の通り道を皮下トンネルと言うんだけど、そこに人工血管を通すんだ。

リーナ
ギニアワームは胃から皮膚の下をはいずりまわるんだよー。

キッド
や、やめなさいって。
そのときに人工血管がねじれたりキンクしないように注意するんだよ。

リーナ
キンクって調べてみたら「性格のねじれ、気まぐれ、変態」だって。
キッドは変態なの?

キッド
ちがうわー!
ねじれて潰れたりすることだよ。
血液が通らなくなるからね。

リーナ
それもそうか~。

キッド
そしたら人工血管と静脈を吻合していくよ。

リーナ
動脈からじゃないの?

キッド
先に動脈からしてしまうとクランプの時間が長くなったり血栓の可能性が高くなってしまうんだよ。

リーナ
静脈もその危険性あるんじゃないの?

キッド
こういう言い方は良くないけど、静脈は替えがきくけど動脈に問題が起こるとそこから先が壊死する危険があるんだ。

リーナ
手とか指とかが死んじゃうってことじゃない。

キッド
だから主に静脈から吻合をおこなうんだ。
テーパー型の人工血管の時とかは別だけどね。

リーナ
髪の毛よりも細い糸で縫うんだよね。

キッド
それがねAVFの時よりも太くてしっかりした糸を使うんだよ。

リーナ
何でなの?

キッド
人工血管は自己血管と違って弾力に欠けるから縫い合わせをしっかりしないと血液が漏れやすいんだよ。

リーナ
やっぱり人工と本物は違うんだね。

キッド
そーなんだよ。
そしてもう一つ特徴があって。

リーナ
なになに?

キッド
針がテーパー状になってて一番太い部分の針と糸の大きさが同じになってるんだ。

リーナ
・・・・
・・・・で???

キッド
普通の糸針は針の方が大きいから糸だけになった時に針穴から血液が漏れ出すんだよ。

リーナ
あー!?
針と糸の太さが同じならそれが無いんだね。

キッド
そうなんだよ。
やり方はAVFと同様のやり方で静脈と動脈をそれぞれ吻合していくよ。

リーナ
うん。
吻合が終わったらシャントの状態を確認しないとね。

キッド
そうだよ。
見て・聞いて・触ってだよ。
動脈の吻合部・人工血管部・静脈の吻合部のそれぞれで確認するんだよ。

リーナ
そうなんだね。
だけど人工血管のところも確認できるの?

キッド
うーん。
手術直後では聞こえないことも多いんだ。
そもそも速い流れが遅い流れに合流する時に鳴る音のはずだから人工血管内で音やスリルは無いと思うんだけど。

リーナ
けど実際聞こえたりするんでしょ?

キッド
それは吻合部の音が響いてるんじゃないのかなって思ってるんだ。

リーナ
吻合部が一番重要なんだね。

キッド
うん。
そして血液の漏れなどが無いか確認したら閉創するんだ。

リーナ
無事終わったね。

キッド
そうだね、今回は上肢にループ型の人工血管手術の話しをしたけど、ストレート型下肢に手術することもあるんだよ。

リーナ
色んな方法があるんだね。

キッド
うん、生命に直結するからね。
色々考えよーね。

リーナ
はーい。


スポンサーリンク

手術

Posted by kid